トレーニングコンセプト

ドイツのテクニックトレーニング概要【将来を見据えた指導プラン】

テクニックとはあらゆる試合の状況で”思い通りに”ボールを扱える能力

                 ドイツサッカー協会指導者講習会より

現代のサッカーではフィジカル面の向上や守備の組織化により、ボールホルダーは多くの場合、時間的・空間的なプレッシャー下でプレーしなければなりません。「トップクラスのチームに単純なミスはほとんど見られない」とドイツ代表のレーヴ監督が言うように、時間やスペースの少ない状況でもボールを正確に扱える質の高いテクニックは上のレベルでプレーするための前提条件です。

日本の小学生はボール扱いのスキルが高い

「日本にはドイツに連れて帰りたい子どもがたくさんいる」

僕のドイツの師匠が日本に来た時に話していたことですが、日本にはドイツよりもボール扱いが上手で動きのしなやかなタレントがたくさんいると驚いていました。日本の小学生が国際大会で世界一になっていることもあるように結果にも反映されていると思います。また、ドリル形式などの反復練習に黙々と取り組む規律正しさ勤勉さも日本の子どもの特徴として挙げていました。文化的な影響もあってかドイツよりも日本の子どものほうが比較的お行儀よく練習に取り組み、遊びの要素がない単純なメニューでも文句も言わずに黙々とこなします。結果的に数をこなしてボール扱いのスキルを高めることができるので、体格面や戦術面でできることが限られている小学生年代では、日本の小学生も世界で結果を出すことにつながっているのではないかと感じています。

一方ドイツの子どもたちを指導する場合、競争形式やゲーム形式で楽しむ要素を取り入れる工夫が必要になります。極端なことを言えば、つまらないメニューだとはっきり「つまらない」という子もいれば、全くやろうとしない子もでてきます。そうなると数をこなすことが少なくなるので、日本の子どもと比べてもボール扱いに関して劣ることが多いと思います。

ドイツで感じたテクニックに対する評価の違い【手段が目的化していないか】 僕がドイツに行って感じたことの一つですが、日本とは「テクニック」や「サッカーがうまい」という言葉の捉え方が全く違っていたというこ...

切り離されたテクニック

「あれだけたくさんいたタレントはどこにいってしまったんだ!?」

同じく僕の師匠のコメントですが、今度は日本の中学生や高校生年代を見て違う意味で驚いていました。彼は世界中でトップレベルの選手の子供時代も見ているので、その基準で、小学生時代にあれだけ良い選手がたくさんいるのだから中学生や高校生年代でもすごい選手がたくさんいるだろうと日本の選手に対して期待していたのかもしれません。しかし、年代が上がるにつれて相手のフィジカル面や戦術面も上がってくると小さいころから磨いてきたボール扱いのスキルだけでは試合の中の局面を打開できなくなってきます反復練習によりテクニックだけを切り離してトレーニングした結果、戦術的な判断が欠如し、フィールド内の場所や相手の数など状況をまったく把握せずにドリブルで突っ込んでボールを奪われてしまうシーンを多く見かけるようになります。せっかく質の高い道具を持っていてもその使いどころを理解していないことになってしまいます。

「認知・判断・実行」を改善する4つのコーチングポイント【正しいことを行う・正しく行う】 サッカーでは問題を解決するために様々なコーチング・声掛けがありますが、次の言葉の共通点と違いは何でしょうか? しっかり...

実戦で使えるテクニックトレーニング

テクニックはあくまで戦術やアイデアを実行するための手段であり、相手のいない状況でのボール扱いのスキルを高めることが最終目的ではありません。将来的にテクニックを試合の中で効果的に使うためには、テクニックだけを切り離して反復練習を繰り返すのではなく、戦術的な判断を伴ったトレーニングを積み重ねていく必要があります。ドイツサッカー協会も、切り離された静的な反復作業ではなくゲーム形式対人形式のメニューをトレーニングの核として、サッカーをプレーしながらサッカーを学んでいくことを推奨しています。

テクニックトレーニングのテーマを選ぶ場合、各年代に適したテーマや取り組むべき課題を選択します。そして、1つのテクニックをテーマに設定する場合でも、それ以外のテクニックや個人戦術の要素も結び付けることが可能です。試合の中ではドリブルだけをして終わりではなく、ドリブルのあとにシュートやパスをします。またパスを受けてからドリブルをする時には、ボールコントロールやオフ・ザ・ボールの動き、身体の向きがその後のドリブルの質に影響します。1つのテクニックをテーマとしつつも、他のテクニックや個人戦術の要素も重点として取り入れて学んでいきましょう。

この続き読むには こちら から

こちらの関連記事もどうぞ!