育成コンセプト

ドイツの選手育成方針【7つの育成段階】

ドイツサッカー協会は世界のトップの座に返り咲くために選手育成改革を行い、10年以上の歳月を経て再びワールドカップ優勝を成し遂げました。

しかし、世界のトップの座に居続けるためには、トップクラスの選手だけでなく初心者から大人まで多くの人がサッカーを楽しみサッカーを続けること、サッカー人口を増やすことの必要性も挙げています。

多くの子どもがサッカーを始めて長く続け成長していくために、ドイツサッカー協会は7つの育成段階に分け、各年代の目標重点指導方針などをまとめています。

ドイツの選手育成改革【24年ぶりのW杯優勝まで】ドイツサッカー協会(Deutscher Fussball-Bund、以下DFB)における選手育成改革のきっかけは、1998年のワールドカ...
9歳までは3対3のミニサッカー・リーグ戦無し【ドイツサッカー協会の新たな育成改革】 ドイツサッカー協会は新たな育成改革として、2019年7月から11歳以下のカテゴリーにミニフースバルと呼ばれる2人制や3人制、5人...

7つの育成段階と指導概要

それぞれの育成段階の指導概要は下のリンクをクリックしてください

【第1育成段階】3~6歳(幼児)の指導概要 初めてのチーム練習や試合は、小さな子供がサッカーを好きになり将来も長く続けていくかどうかを決定づけることがあります。 7つ...
【第2育成段階前半】7~8歳の指導概要7つの育成段階の第2ステップである第2育成段階前半は小学校入学時期にあたり、サッカークラブやサッカースクールでサッカーを始める子も多いと...
【第2育成段階後半】9~10歳の指導概要7つの選手育成段階の第2育成段階後半では、これまで積み重ねてきたスキルを土台として、引き続き少人数で小さなフィールドのなかでたくさんボー...
【第3育成段階前半】11~12歳の指導概要第3育成段階前半はいわゆる”ゴールデンエイジ”にあたり、身体的にも精神的にも調和の取れる時期です。細かな動きや素早い動きの習得が容易な時...
【第3育成段階後半】13~14歳の指導概要 第3育成段階後半、子供たちは思春期に入り精神的にも身体的にも不安定な時期を迎えますが成長の証でもあります。 サッカー面でも...
【第4育成段階】15~18歳の指導概要 第4育成段階はユース年代の最終段階です。これまで積み重ねてきたテクニックや戦術の土台を安定化し、それぞれのポジションの課題や公式...
【第5育成段階】17~20歳の指導概要 ドイツではスポーツはクラブチーム主体で行われており、サッカーにおいてもユース最年長カテゴリーのU19リーグを終えたら、学生同士で...
【第6育成段階】21~29歳の指導概要 第6育成段階にたどり着いた選手たちはプロとして常に結果を求められます。過密なスケジュールと負荷の高いトレーニングを繰り返すために...
【第7育成段階】30歳以上の指導概要 第7育成段階にたどり着いたトップレベルの選手たちはチームの中でも象徴的な存在で、若手選手や子供たちの手本となる存在です。 ...
  • ドイツサッカー協会 指導者ライセンス講習会資料
ドイツのテクニックトレーニング概要【将来を見据えた土台作り】    テクニックとはあらゆる試合の状況で”思い通りに”ボールを扱える能力                  ドイツサッカー協会...
反復練習は本当に効果的か【既成概念にとらわれないドイツのトレーニング】 2019年7月にドイツの国際カンファレンスに参加したときに「反復は効果的な学習を妨げる」という少し挑発的なタイトルの講演がPro...
戦術的変化を促すトレーニングのオーガナイズ【効率的・効果的な練習メニューに】トレーニングでは試合の局面を再現したり求めるアクションを集中的に発生させたりするメニューを行い、特定のテーマや課題の改善に取り組んでいき...
こちらの関連記事もどうぞ!