育成コンセプト

ドイツの選手育成【7つの育成段階】

子供から大人まで7つの育成段階

ドイツサッカー協会は世界のトップの座に返り咲くために選手育成改革を行い、10年以上の歳月を経て再びワールドカップ優勝を成し遂げました。

しかし、世界のトップの座に居続けるためには、トップクラスの選手だけでなく初心者から大人まで多くの人がサッカーを楽しみサッカーを続けること、サッカー人口を増やすことの必要性も挙げています。

多くの子どもがサッカーを始めて長く続け成長していくために、ドイツサッカー協会は7つの育成段階に分け、各年代の目標重点指導方針などをまとめています

7つの育成段階と指導概要

それぞれの育成段階の指導概要は下のリンクをクリックしてください

【第1育成段階】3~6歳(幼児)の指導概要

第2育成段階前半】7~8歳の指導概要

【第2育成段階後半】9~10歳の指導概要

第3育成段階前半】11~12歳の指導概要

【第3育成段階後半】13~14歳の指導概要

【第4育成段階】15~18歳の指導概要

第5育成段階】17~20歳の指導概要

【第6育成段階】21~29歳の指導概要

【第7育成段階】30歳~の指導概要

  • ドイツサッカー協会 指導者ライセンス講習会資料
ドイツサッカー協会の選手育成3ヶ条選手育成で考慮する3つのポイント サッカーを始めたばかりの子供が大人の選手になるまで、それぞれの年代でできることや重点は変わってきます...
こちらの関連記事もどうぞ!