1対1

Tr39) 迫りくるディフェンダーと1対1(ファーストタッチから)

メニューの説明

Tr38) パスを受けてからドリブルシュート競争のマーカーの一部を外して対人形式に発展させたメニューです。パスファーストタッチドリブルの質によってコースを突破する時間が変わるので、ディフェンダーとの距離や方向(横、前、後ろから)が異なるさまざまな1対1を経験することができます。ディフェンダーのスピードやアプローチの角度によってドリブルやフェイントを使い分けてみましょう。Viel Spaß!

Tr38) パスを受けてからドリブルシュート競争メニューの説明 Tr36) 速いだけじゃ勝てないドリブルシュート競争にボールコントロールやパスの要素も加えた競争形式のメニューです。試...

重点

1対1、ファーストタッチ、ドリブル、フェイント、シュート、パス、
身体の向き、状況把握・判断、攻守の切り替え

準備

  1. ゴール(なければミニゴール)の前(15~20m)にマーカーでドリブルコースを2つ設置する(Tr38のドリブルコースを5m下げて中央のコースをはずす)。
  2. スタート地点の間にミニゴール(なければコーンゴール)を設置し、ボールを集める。
  3. 攻撃側(青)と守備側(赤)に分かれて列に並ぶ。

進め方

  1. 中央のミニゴール脇からパサーが攻撃側にパスを出す。
  2. パスを受けた攻撃の選手はドリブルコースを突破してからゴールを目指す。
  3. 守備側はボール無しでコースを突破してからボールを奪いに行く。
  4. 守備側がボールを奪ったらミニゴールに攻める。
  5. 攻守やサイドを変えながら何度か行う。

コーチングポイント

  1. パサーは自分から遠いほうの味方の足に鋭いパスを出す。
  2. ファーストタッチからドリブルで仕掛ける。
  3. 正確で素早いドリブルでマーカーコースを突破する。
  4. どのタイミングでどの方向からディフェンダーが来るか確認する。
  5. ディフェンダーのアプローチによってドリブルフェイントを変える。
    始めから外に逃げてシュートの角度がなくならないようにする。
    ・ ディフェンダーが遅ければゴールに向かって先にシュート
    ・ 中に行くと見せかけて縦に突破
    ・ 縦に行くと見せかけて中に突破
  6. シュートまで冷静に。シュートブロックでかわす、タイミングをずらす。
  7. 攻守の切り替えを素早く行う

バリエーション

  1. コーチがキーパー役としてゴールに入る。
  2. マーカーの数や位置を変えてドリブルコースを変更する。
  3. ドリブルシュートだけの1対1(Tr37)
Tr37) 迫りくるディフェンダーと1対1メニューの説明 Tr36) 速いだけじゃ勝てないドリブルシュート競争を対人形式に発展させたメニューです。ドリブルコースを突破するスピー...
こちらの関連記事もどうぞ!