プロフィール

土屋 慶太  Tsuchiya Keita

1978年12月19日、静岡県清水市(現静岡市清水区)生まれ。
元サッカー選手 、 現サッカー指導者(ドイツA級、UEFA-A級ライセンス)。

略歴

小学1年生の時、江尻サッカースポーツ少年団(静岡)でサッカーを始める。
サッカーか野球か迷っていたが、友達に誘われて入団。

清水第一中学校静岡県立清水東高校信州大学教育学部卒業。
高校時にサッカー部を辞め、クラスメイトに誘われて柔道部に入部(二段)。
大学時はサッカーと柔道とバンド活動(ギター)に取りくんだ。

2001年大学卒業後、ドイツのザールラント州に渡る。
1.FCザールブリュッケン1.FCライムスバッハでプレーしたあと、当時のコーチの紹介で2003年にチェコ2部リーグのボヘミアンズ・プラハに移籍する。

2004年に再びドイツに戻ったあと、1.FCライムスバッハとラインラント=プファルツ州のEGCヴィルゲスで選手としてプレーしながら所属クラブ下部組織の指導に携わり、ドイツC級とB級(UEFA-B級)指導者ライセンスを取得する。

2009年に30歳で現役を引退し帰国後は、ドイツ遠征をきっかけに知り合ったフッチスポーツクラブ(千葉県)で幼児から中学生までを指導、2011年から2014年までは修徳高等学校男子サッカー部(東京)で高校生を指導し、2012年にドイツA級(UEFA-A級)指導者ライセンスを取得する。

2014年にブンデスリーガ1部シャルケ04サッカースクール日本キャンプでコーチを務め、同年に社会人関東1部リーグの東京23FCトップチームでヘッドコーチに就任、2018年から2019年までは監督を務めた。

これまで子供から大人までさまざまなカテゴリーの指導に携わり、現在も2011年の立ち上げから関わっている修徳FCで幼児から小学6年生を指導し、若手コーチの育成にも携わっている。

所属クラブ

  • 2001~2002年  1.FCザールブリュッケン
  • 2002~2003年  1.FCライムスバッハ
  • 2003~2004年  ボヘミアンズ・プラハ
  • 2004~2006年  1.FCライムスバッハ
  • 2006~2009年  EGCヴィルゲス

指導歴

  • 2004~2006年  1.FCライムスバッハ U-15 コーチ
  • 2009年      EGCヴィルゲス セカンドチーム/U-15コ ーチ
  • 2009~2011年   フッチスポーツクラブ ヘッドコーチ
  • 2011~2014年   修徳高校男子サッカー部 コーチ
  • 2011年~        修徳FC テクニカルディレクター
  • 2014年          シャルケサッカースクール日本キャンプ コーチ
  • 2014~2017年  東京23FC ヘッドコーチ
  • 2018~2019年  東京23FC 監督

著書

  • 2013年 『サッカー1対1 トレーニングメニュー集』
  • 2015年 『ドイツ流 サッカーライセンス講座』
  • 2016年 『ファーストタッチ ボールコントロールから次のアクションへ』