育成コンセプト

ドイツサッカー協会の選手育成3ヶ条

選手育成で考慮する3つのポイント

サッカーを始めたばかりの子供が大人の選手になるまで、それぞれの年代でできることや重点は変わってきます。プロのやることすべて(指導者自身もできないようなこと)を子供に求めることはできません

ドイツサッカー協会は選手育成で考慮する3つのポイントを挙げています。

  1. 長期的・段階的な育成
  2. 年齢や成長過程に適した指導
  3. 個別化指導

長期的・段階的な育成

スポーツをする土台として、特に子供のころはサッカーだけでなくさまざまな動きやトレーニングによって基本的な運動能力を向上していきます。
サッカーを通してやる気集中力社会性も学んでいきます。

世界のトップレベルのサッカーのトレンドから将来を予測してカリキュラムを作成し、各年代ごとにテクニックフィジカル戦術パーソナリティ面などの課題に取り組みます。

長期的な計画の一部であることを認識し、指導者も選手も忍耐情熱が求められます

年齢や成長過程に適した指導

年齢や成長過程によって、選手たちのできることや課題は変わってきます
各年代の身体的・精神的な特徴を考慮してトレーニングを行う必要があります。

また教育的な指導サポートも重要です。

個別化指導

同じ年齢でも選手個々はまったく違います(下図参照)。
身体的・精神的な成長スピード、テクニックや戦術の習熟度によってピッチ内外での負荷も調整してあげる必要があります。

個別にコミュニケーションを図りながら、選手に適したコーチングやアドバイスが必要です。

年齢 年齢別平均身長と照らし合わせた時の年齢
13歳 10.9歳~14.3歳(最大で3.4歳の差)
14歳 12.6歳~15.3歳(最大で2.7歳の差平
15歳 13.6歳から16.4歳(最大で2.9歳の差)

著者がドイツで指導したU-15チーム、体格もまちまち

ドイツサッカー協会HP

ドイツサッカー協会 指導者講習会資料

ドイツの選手育成【7つの育成段階】子供から大人まで7つの育成段階 ドイツサッカー協会は世界のトップの座に返り咲くために選手育成改革を行い、10年以上の歳月を経て再びワー...
こちらの関連記事もどうぞ!