育成コンセプト

【第7育成段階】30歳以上の指導概要

どのようにしてトップレベルを維持できるか

第7育成段階にたどり着いたトップレベルの選手たちはチームの中でも象徴的な存在で、若手選手や子供たちの手本となる存在です。

監督は彼らのパフォーマンスを安定させ、彼らの能力をチーム戦略の一環に取り組む必要があるでしょう。

目標

プロとしてお手本となる

  • ポジションに特化したテクニック(プレッシャー下でもダイナミックで安定)
  • 戦術的なリーダーシップ(チームの司令塔)
  • 各グループのまとめ役
  • トップレベルで必要なフィジカルの安定化
  • ピッチ内外でチームのお手本

トレーニングの割合

トレーニングの重点

フィジカル

  • トップレベルを基準としたサッカー特有のフィジカルの安定化
  • データ分析を基に

テクニック

  • ポジションに特化したテクニックの完成
    (プレッシャー下でもダイナミックで正確)

戦術

  • グループ戦術チーム戦術司令塔的役割
  • ポジションの役割
  • チームの戦い方システムに適した戦術理解

パーソナリティ

  • ピッチ内外でのプロフェッショナル精神
  • リーダーシップお手本

指導者のためのガイドライン

  • これら選手のチーム内での立ち位置を明確にする
  • 模範的な役割を定義し求める
  • 回復のための措置を考慮する
  • 中心的な役割の選手たちと意見交換する
  • 若手選手と結び付ける
  • 指導者自身がプロフェッショナル精神を実践しお手本となる

 

  • ドイツサッカー協会 指導者ライセンス講習会資料
こちらの関連記事もどうぞ!