育成コンセプト

【第5育成段階】17~20歳の指導概要

どのようにして発展途上の選手たちを最適に育成するか

ドイツではスポーツはクラブチーム主体で行われており、サッカーにおいてもユース最年長カテゴリーのU19リーグを終えたら、学生同士ではなくすぐに大人と同じカテゴリーでプレーすることになります。

5育成段階はユース年代を終えた将来性ある選手たちが大人のカテゴリーに入りさらに上を目指す時期です。プロクラブのトップチームやセカンドチーム、セミプロチームに入ることのできた若手選手は、同世代だけでなく長年プロとして経験を積んできた選手たちとの競争も待っています。これまでと比べて肉体的にも精神的にもハードな戦いになるでしょう。

目標

プロとは何かを理解する

  • 個々のトレーニングに対する取り組みの強化
  • ポジションに特化したフィジカルを個々で準備
  • ポジションに特化したテクニックのマスター
  • チームの戦い方やシステムに適した戦術理解
  • ピッチ内外での向上心規律の強化

トレーニングの割合

トレーニングの重点

フィジカル

  • サッカー特有のフィジカル強化
  • データ分析を基に

テクニック

  • ポジションに特化したテクニックの強化(プレッシャー下でもダイナミックで正確)
  • 自分のスタイルの確立

戦術

  • グループ戦術チーム戦術の強化
  • ポジションの役割
  • チームの戦い方システムに適した戦術理解

パーソナリティ

  • ピッチ内外でのプロフェッショナル精神

指導者のためのガイドライン

  • 個人トレーニングの時間を増やす
  • 集中的なトレーニング積極的な休息
  • 各選手のプレー時間を確保する
  • 若手や新しい選手のスムーズな受け入れ
  • パフォーマンスの波を考慮する
  • サッカーだけでなくピッチ外の環境にも配慮する

 

  • ドイツサッカー協会 指導者ライセンス講習会資料
こちらの関連記事もどうぞ!