育成コンセプト

【第6育成段階】21~29歳の指導概要

どのようにしてトップレベルで結果を残せるか

第6育成段階にたどり着いた選手たちはプロとして常に結果を求められます。

過密なスケジュールと負荷の高いトレーニングを繰り返すためには、ピッチ内外で個々のプロフェッショナルな行動が求められます。

目標

プロとして生きる

  • 成功に対する喜び厳格さ
  • ポジションに特化したテクニック(プレッシャー下でもダイナミックで安定)
  • チームの戦い方やシステムに適したさまざまな戦術理解
  • トップレベルで必要なフィジカル
  • リーダーとともにチームの規律を構築

トレーニングの割合

トレーニングの重点

フィジカル

  • トップレベルを基準としたサッカー特有のフィジカル
  • データ分析を基に

テクニック

  • ポジションに特化したテクニックの完成
    (プレッシャー下でもダイナミックで正確)

戦術

  • グループ戦術チーム戦術の完成
  • ポジションの役割
  • チームの戦い方システムに適した戦術理解

パーソナリティ

  • ピッチ内外でのプロフェッショナル精神
  • リーダーシップ

指導者のためのガイドライン

  • 世界トップレベルを基準にする
  • コーチングスタッフチームの形成
  • ゲームコンセプトを基に戦術スキルを強化
  • 必要であれば動きを示し、可能であれば創造性に委ねる
  • パフォーマンスに対する選手個々の自主性を強化
  • 個性キャラクターを育てる

 

  • ドイツサッカー協会 指導者ライセンス講習会資料
こちらの関連記事もどうぞ!