育成コンセプト

【第3育成段階前半】11~12歳の指導概要

第3育成段階前半はいわゆる”ゴールデンエイジ”にあたり、身体的にも精神的にも調和の取れる時期です。細かな動きや素早い動きの習得が容易な時期であるので、これまで積み重ねてきたスキルを土台として本格的なサッカーのトレーニングを始める絶好のタイミングです!特にすべての基本テクニックを試合のさまざまな状況で使えるように計画的にトレーニングしていく必要があります。

11~12歳は何をしたくて何ができるか

学ぶ - 真剣な取り組み

  • プレーする喜び創造性
  • 基本テクニックの段階的なトレーニング(さまざまな状況で使えるように)
  • 個人戦術の学習(攻守
  • グループ戦術の基本
  • 自主性モチベーションの強化

特徴

  • コーディネーションやテクニックトレーニングに適する時期
  • 学習意欲旺盛、大きな運動欲求
  • 大胆で危険を省みない

トレーニングの割合

トレーニングの重点

フィジカル

  • 遊び形式競争形式対人形式のなかで(なるべくボールを使って
  • さまざまなステップ
  • コーディネーション(空間認識、距離識別、反射、ボディバランスなど)
  • スピード(直線的、非直線的)
  • 柔軟性

テクニック

  • 遊び形式競争形式対人形式のなかでたくさんボールに触る
  • すべての基本テクニックより洗練されたフォームへ)
  • 両足が使えるように!

戦術

  • 個人戦術(サポート、オフ・ザ・ボールの動き、身体の向きなど)
  • さまざまな1対1(中央、サイド、対面、DFを背負った形、距離)
  • 1対2(攻守)
  • グループ戦術の基本(2対1、2対2、2対3)
  • 簡単なセットプレー
  • いろいろなポジションでプレーする(固定しない)
  • 少人数のミニゲームストリートサッカーの要素
  • 試合ではリベロをつけない(1対1の強化)

パーソナリティ

  • チームメイトや対戦相手に対するリスペクト
  • フェアプレーの精神
  • コミュニケーションチームスピリット
  • 多くの成功体験

指導者のためのガイドライン

  • 基本テクニックを段階的に詳細に学ぶ
  • 練習メニューとゲームのテーマ・重点を結び付ける
  • たくさんボールに触り両足を使う
  • フィジカル面はゲーム形式でカバーする
  • 個別練習の開始(個々の課題に取り組む)
  • 積極的に選手とコミュニケーションを図る

1日の練習メニュー例

1日の練習メニュー例【ドリブル】 ドリブラーはトップクラスでも均衡した状況を打開してくれる貴重な存在です。ドイツサッカー協会も近年のドリブラー不在やあまりに早い時...
  • ドイツサッカー協会 指導者ライセンス講習会資料
  • シャルケサッカーキャンプ 講習会資料
こちらの関連記事もどうぞ!