シュート

Tr36) 速いだけじゃ勝てないドリブルシュート競争【決定力アップ】

試合のなかではドリブルをしてお終いではなくシュートやパスを行います。このメニューは競争形式で行いますが、ドリブル突破の速さだけでなくシュートの正確性競争相手との駆け引きも含まれています

時間的なプレッシャーを感じながらもゴールまで慌てず冷静なプレーにチャレンジしてみましょう!Viel Spaß!

重点

ドリブル、シュート、状況把握・判断

準備

  1. 人数に応じて、ゴール(ミニゴール)前(10~15m)にマーカーでさまざまなドリブルコースを設置する。3コース以上あればマーカーを色分けしておく(下図:赤、青、黄)。
  2. グループ分けする(例:3~5人、2~4グループ)。
  3. 各自がボールを持ってスタート地点に並ぶ。

進め方

  1. コーチのスタート合図で先頭の選手がドリブルを開始する。
  2. ドリブルでマーカーコースを通過してからゴールを目指す。
  3. 先にシュートを決めた選手は1ポイント獲得。チームでポイント数を競う。
  4. バリエーションを変えながら何度か行う。
    ・ 数回ごとにマーカーコース(右、左、中央)を変える
    ・ ドリブルの種類を変える(右足だけ、インサイドだけ など)
    ・ ラウンドごとに獲得ポイントを上げていく(2、5、10など)

コーチングポイント

  1. 正確で素早いドリブルでマーカーコースを突破する。
  2. ドリブルからシュートをスムーズに行う。
  3. 周りの選手の状況を把握しながらプレーする。遅くなっても他の選手がシュートを外したら確実にシュートを決めるチャンス

バリエーション

  1. コーチがキーパー役としてゴールに入る。
  2. マーカーの数や位置を変えてドリブルコースを変更する。
  3. Tr37Tr38に発展
Tr37) 迫りくるディフェンダーと1対1【決定機を作り出す】Tr36) 速いだけじゃ勝てないドリブルシュート競争を対人形式に発展させたメニューです。ドリブルコースを突破するスピードによってディフェ...
Tr38) パスを受けてからドリブルシュート競争【決定力アップ】Tr36) 速いだけじゃ勝てないドリブルシュート競争にボールコントロールやパスの要素も加えた競争形式のメニューです。試合の中でもドリブル...
こちらの関連記事もどうぞ!