楽しく学ぶテクニック

Tr38) パスを受けてからドリブルシュート競争

Tr36) 速いだけじゃ勝てないドリブルシュート競争ボールコントロールパスの要素も加えた競争形式のメニューです。試合の中でもドリブルだけで終わることはありません。ドリブル前のファーストタッチやドリブル後のシュートまで、相手よりも正確かつ素早いアクションにチャレンジしてみましょう。Viel Spaß!

重点

ドリブル、ボールコントロール、シュート、パス、身体の向き、状況把握(認知)

進め方

  1. ゴール(なければミニゴール)の前(10~15m)にマーカーでドリブルコースを設置する。コースによってマーカーを色分けしておく(上図:赤、青、黄)。
  2. 人数によってグループ分けする(例:3~5人、2~4グループ)。
  3. 先頭の選手はボール無しでドリブルコースで待つ。それ以外の選手はボールを持ってスタート地点に並ぶ。

進め方

  1. コーチのスタート合図で先頭の選手は列の味方からパスを受ける。
  2. ドリブルでコースを通過してからゴールを目指す。
  3. 先にシュートを決めた選手は1ポイント獲得。チームでポイント数を競う。
  4. バリエーションを変えながら何度か行う。
    ・ 数回ごとにコース(右、左、中央)を変える
    ・ ドリブルの種類を変える(右足だけ、インサイドだけ など)
    ・ ラウンドごとに獲得ポイントを上げていく(2、5、10など)

コーチングポイント

  1. ファーストタッチから進行方向に進みやすい身体の向きでパスを受ける。
  2. ファーストタッチからドリブルで仕掛ける。
  3. 正確で素早いドリブルでマーカーコースを突破する。
  4. ドリブルからシュートをスムーズに行う。
  5. 周りの選手の状況を把握しながらプレーする。遅くなっても他の選手がシュートを外したら確実にシュートを決めるチャンス。
  6. パサーは自分から遠いほうの味方の足に鋭いパスを出す。受けてが自然と進行方向に進みやすい身体の向きになる。

バリエーション

  1. コーチがキーパー役としてゴールに入る。
  2. マーカーの数や位置を変えてドリブルコースを変更する。
  3. ドリブルシュートだけの競争(Tr36)
Tr36) 速いだけじゃ勝てないドリブルシュート競争試合のなかではドリブルをしてお終いではなくシュートやパスを行います。このメニューは競争形式で行いますが、ドリブル突破の速さだけでなくシュ...
こちらの関連記事もどうぞ!