パス&ボールコントロール

Tr150) パスゴール対面パス【運ぶファーストタッチ】

パスとボールコントロールのシンプルな練習メニューですが、「マーカー間を通して(はずして)味方にボールを送る」という条件をつけることでファーストタッチをただ足元にピタッと止めるだけでなく、パスゴールを通しやすい場所にボールをコントロールするといった状況把握判断の要素が加わります。実戦の中でも止めてから考えるのではなく次にドリブルやパスを行いやすい方向にコントロールすることでアクションスピードを高めることが可能です。パスの受け手も同じ場所にずっといるのではなく、味方がパスゴールを狙う角度に応じてポジションを調整することになります。Viel Spaß!

重点

パス、ボールコントロール、ポジショニング

準備

  1. マーカーで幅1mのパスゴールを作る。
  2. 二人組を作ってそれぞれがパスゴールから5m離れた場所に準備する。

進め方

  1. パスゴールを通して味方にパスを出し合う。
  2. 2人で50本など回数を決めて行うか、10点先取など2人でポイントを競う(例:2タッチ以内でパスゴールを通せない場合やマーカーにボールをぶつけた場合、相手に1ポイント)。もしくはどのチームが早く目標本数のパスを通せるか競争する。

バリエーション

  1. レベルに応じてパスゴールの幅や選手の距離を調整する。
  2. タッチ数を変えて行う。2タッチ以内、絶対2タッチ、1タッチのみなど。
  3. 使う足の部位を限定する。右足、インサイド、アウトサイドなど。
  4. 数ヶ所で行える場合、勝った選手は上のコートに、負けた選手は下のコートに移動する。
  5. 一人はマーカー間を通し、もう一人はファーストタッチを横にコントロールしてパスゴールを外して味方にパスを出す(下図)。

コーチングポイント

  1. 蹴る足コントロールする足つま先を上げて足首を固める
  2. 脚を振るというよりは押すイメージでボールを蹴る
  3. ボールが浮かずに地面を滑るようにパスゴールを通す。
  4. 距離に応じて適切なパススピードにする。
  5. できる限りボールの正面に入ってコントロールする。
  6. パスゴールを通せる角度にボールをコントロールする。
  7. コントロールからパスまでを素早く行う。
こちらの関連記事もどうぞ!