楽しく学ぶテクニック

TR68) 四角形ターン

メニューの説明

練習やゲームの中で相手を何人もドリブルで抜いていく子どもを目にすることがあります。こうした子どもを観察すると前にドリブルで突進するだけでなく、足の裏などで急にボールを止めてディフェンダーから距離を取ったり、ターンをしてディフェンダーを置き去りにしたりするのがうまいと感じます。

反復練習などでも前進するドリブルは多いと思いますが、このメニューでは小さな四角形を使ってターン(方向転換)を学ぶことができます。また、ドリブルやターンだけで終わるだけでなく、アイコンタクトパス&コントロールの基本にも取り組むことができます。アイデア次第で四角形をさまざまな形で導入することが可能です。Viel Spaß!

重点

ドリブル、ターン、フェイント、パス、ファーストタッチ、アイコンタクト

準備

  1. マーカーで一辺が1mの四角形を作る。人数に合わせて数個作る。
  2. 四角形から約5m離れた場所にスタート地点を作り選手がボールを持って並ぶ。

進め方

  1. 先頭の選手は四角形に向かってドリブルし、四角形の中でターンをしてから次の味方にパスを出す。
  2. パスを出した選手は列の後ろに並び、パスを受けた選手は同じように続ける。
  3. さまざまな足の部位でターンを練習したあと、競争形式で行う。
    ターンの種類:足裏、インサイド、アウトサイド、左右
    競争形式例:先に10本パスをつないだチームの勝ち

コーチングポイント

  1. 細かなタッチのドリブルで四角形に入る。
  2. ターンをするとき体からボールが離れすぎないようにする(図c)。
    図a) 体は残るがボールが四角形から出てしまう。
    図b) ボールは残るが体が四角形から出てしまう。
    図c)ボールも体も四角形内にとどまる。
  3. ターンをした後、アイコンタクトをして素早くパスを出す。
  4. パスを受ける選手はファーストタッチから前進する。

バリエーション

  1. ドリブルの種類も変えながら行う。
  2. 四角形を挟んで対面し、2人同時にドリブルやフェイントを行う(図d)。
    ・ フェイントでかわしてからパス(青)
    ・ 四角形の周りを1周回ってからパス(緑)
こちらの関連記事もどうぞ!