ドリブル

Tr4) 4色ドリブルルーレット【認知・判断+テクニック】

TR3 ドリブルだよ全員集合を簡単にこなせるようなら、色分けのルールを加えてゲームの難易度を上げることができます。テクニック(ドリブル)だけでなく試合中に必要な状況把握(認知)コミュニケーションの要素も楽しみながら学ぶことができます

Tr3) ドリブルだよ全員集合【低学年対応】幼児や小学校低学年などの初心者も楽しみながら足でのボール扱い(ドリブル)を学ぶことができます。 マーカーやコーンなど動かない障害物...

重点

ドリブル、状況把握(認知)、コミュニケーション

準備

  1. 異なる色のマーカー(例:赤、青、黄色、緑)で15x15mの四角形を作る。
  2. マーカーと同じ色のビブスを4色用意し(例:16名なら各色4枚ずつ)、各選手に1枚ずつランダムに配る。
  3. 各選手がビブスとボールを一つずつ持ち四角形の中に入る。
    ※ ビブスの代わりにマーカーを使うことも可能です。

進め方

  1. 四角形の中でビブス(マーカー)を手で持ちながらドリブルを開始する。
  2. コーチの合図(例:笛1回、「交換!」など)で他の選手とビブスを交換する。
  3. コーチの別の合図(例:笛2回、「Go!」など)で持っているビブスの色と同じ色のコーナーにドリブルで移動する。
  4. 慣れてきたら罰ゲームを入れる(一番遅いグループはジャンプ3回など)。

コーチングポイント

  1. ビブス交換に気を取られてドリブルしているボールを見失わないようにする。
  2. コミュニケーションを図りスムーズにビブスを交換し合う。
  3. いつ集合の合図が出てもいいように、持っている色やコーナーの色の配置を確認する。

バリエーション

  1. ビブスだけでなく、ボールも一緒に交換する。
  2. ドリブルの種類を変える(例:右足だけ、インサイドだけなど)。
こちらの関連記事もどうぞ!