ポジショナルプレー

Tr57) 4対4+1(ダイアゴナルランでDFの背後を取る)

ボールを保持するだけでなく、相手チームの背後のスペースを見つけ使うトレーニングです。Tr56) 4対4+4フリーマン攻撃側が比較的数的優位になりやすいディフェンディングサードやミドルサードでのボールポゼッション寄りのトレーニングですが、このメニューはグリッド内の数的関係は同数に近づきミドルサードやアタッキングサードでの仕掛けやチャンスメイクにフォーカスすることができます。

Tr55)でディフェンダーのいない状況でアイデアを身につけたあと、ディフェンダーのいるこのメニューで応用してみてください。パスだけでなくドリブルキープも必要となります。Viel Spaß!

Tr55) 3色でさまざまなパス(ワンツー、スルー、3人目、スルーパス)Tr49) 4色で交差しながらターンorリターンのように色分けしたチームが入り乱れながらさまざまなパス&ボールコントロールを行います。デ...

重点

ポジショニング、身体の向き、ファーストタッチ、スルーパス、ダイアゴナルラン、ワンツー、攻守の切り替え

準備

  1. 25x25mのグリッドの中に15x15mのグリッドを作る。
  2. 4人組2チームとフリーマン1人が小さいグリッド内に入る。
  3. 大きなグリッドの辺にフリーマンが1人ずつ入る。

進め方

  1. グリッド中央でボールを上にあげてからスタート。
  2. 攻撃チームはフリーマンとともにパスを5本つなぐ。タッチ制限なし。
    ボールが小さなグリッドから出たらライン上から相手ボールでリスタート。
  3. 6本目以降のパスで小さなグリッド外に出る(図a)。フリーマン以外。
    パスが出る前に先にグリッド外に出たらオフサイド(図b)、相手ボール。
  4. グリッド外でパスを受けた選手は外のフリーマンにパスを出し、自分を含め自チームの誰かが1タッチでリターンパスを受けたら1ポイント獲得(図c)。
    ポイントを獲得したチームから小さなグリッドでリスタート。
  5. ディフェンスチームはグリッド外に出てボールを奪いに行くことができる(図d)。
    ポイントを阻止することができたら攻守を入れ替えてリスタート。
  6. 時間でフリーマンを変えながら数回行う(例:2分x6本、間1分の休息)。

コーチングポイント

  1. 数的優位を活かしてパスドリブルを使ってボールを保持する。
  2. 足下だけでなく、ディフェンダーの背後のスペースを見つける。
  3. 予備動作ダイアゴナルラン(斜めの動き)でオフサイドにならずに飛び出す(図e)。
  4. 狭いスペースでワンツーパス&ゴーを使いポジション修正や突破を試みる(図f)。

バリエーション

  1. 奪った瞬間のみ、いきなり外のフリーマンにパスOK(カウンタールール)。
  2. 難しければグリッドを広げ、中のフリーマンを2人にする。
  3. 人数が足りなければ中を3対3+1、外のフリーマンを3人で行う。
こちらの関連記事もどうぞ!