チャンスメイク・シュート

Tr58) 5対4+GK(チャンスメイク)

ワンツー、スルー、3人目を絡めたコンビネーション、スルーパスなど、Tr55)Tr57)のようなメニューで学んださまざまなコンビネーションチャンスメイクに応用・発展できるメニューです。

ボールを保持することに精一杯になったりボールポゼッションが目的になったりするのではなく、スペースの少ないゴール前でも高いゲームインテリジェンスとともに効果的なアクションでゴールを目指しましょう。Viel Spaß!

Tr55) 3色でさまざまなパス(ワンツー、スルー、3人目、スルーパス)Tr49) 4色で交差しながらターンorリターンのように色分けしたチームが入り乱れながらさまざまなパス&ボールコントロールを行います。デ...
Tr56) 4対4+4フリーマンコーチングやルール設定でさまざまなテーマに取り組むことができる便利なメニューです。 3対1から4対2、5対3がある程度できるようになっ...
Tr57) 4対4+1(ダイアゴナルランでDFの背後を取る)ボールを保持するだけでなく、相手チームの背後のスペースを見つけ使うトレーニングです。Tr56) 4対4+4フリーマンは攻撃側が比較的数的...

重点

チャンスメイク(ワンツー、スルー、3人目の動き、スルーパス、ダイアゴナルランなど)、ポジショニング、身体の向き、テクニック、1対1、攻守の切り替え

準備

  1. ペナルティエリアよりも5m内側で幅を区切り、ゴールから40mのところにミニゴール(コーンなどでもOK)を2つ設置する。
  2. 攻撃チーム(青)として5人、守備チーム(赤)としてディフェンダー4人とキーパーが入る。幅を広くするとディフェンダーは3-1の配置になりやすい。

進め方

  1. 攻撃チームはゴールを目指す。オフサイドルールあり。
  2. 守備チームはボールを奪ったらカウンターゴールを目指す。

コーチングポイント

  1. ポジション修正をしながら数的優位を活かす(図a)。
    ・ 1つ埋められたら他が空くポジショニング
    ・ ボールホルダーはパス&ゴーで角度を変えてサポート
  2. ボールホルダーはプレッシャー下で最適な判断を下す。
    図b) DFが中盤に食いつくから背後へのパス
    図c)DFがFWに対応して空いた中盤を経由
    図d) DFが中央を埋めるから後ろを経由して展開
  3. 体勢のよい1対1で仕掛ける(図d・f: DFが遠い、DFの逆を取る)。
  4. 狭いスペースをアイデアで打開する。
    図e) ワンツー
    図f) スルーから3人目を絡めたコンビネーション
  5. 攻守の切り替えを素早く行う。
  6. 守備チームはコミュニケーションを図りコンパクトな守備を行う。
    ・ キーパーと協力して守る。
    ・ スライドラインアップ(バックパスでオフサイドルールを利用する)

バリエーション

  1. レベルに応じてグリッドの大きさを調整する。
  2. フリーマンを1人入れる。
  3. 守備の陣形を変える(3-1、幅を狭めて2-2)。