ポジショナルプレー

Tr16) 4対2+1【ビルドアップの第二歩】

Tr14) 3対1+1 安定しながら前進Tr15) 4対2 グリッドチェンジのディフェンダーの人数を増やして発展させた形です。

実戦では同じ場所でいくらパスを回していてもボール保持率が高くてもゴールを決めることはできません安定してボールを保持しながらポジショナルプレービルドアップチャンスメイクの基本を学んでみましょう

片方のエリアの選手をGKと両センターバック+ボランチ、もしくは片方のサイドのセンターバックとサイドバック+ボランチと見立て、逆のエリアの選手をフォワードやトップ下の選手と見立てることができます。Viel Spaß!

重点

ポジショナルプレー、パス&ボールコントロール、サポート、身体の向き、攻守の切り替え

準備

  1. 20x14mの長方形を作り、マーカーで半分に区切る(上図、10x14mを2つ)。
  2. 片方のエリアに攻撃(青)と守備(赤)が4対2になるように入り、逆側のエリアに攻撃が1人、中央のラインに守備が1人入る。

進め方

  1. 攻撃側は4対2の状況からディフェンダーにボールを奪われずにパスを5本つなぐ。
  2. 5本以上パスがつながったら、逆エリアの味方にパスを試みる。
    タッチ制限はなし。パスはグラウンダーのみ(浮き球なし)。
  3. 逆エリアにボールが届いたら、攻撃の3人とディフェンダー2人が移動して再び4対2の状況を作る。もう一人のディフェンダーは中央のラインに入る(下図)。
  4. 逆エリアへのパスが成功したら再びパスを5本以上つなぎ、同じように続ける。
  5. 中央のディフェンダーはライン上を動いてパスをインターセプトすることができる。
  6. ディフェンダーはボールを奪ったらドリブルでグリッド外に脱出を試みる。
  7. 攻撃側はボールを奪い返せばパスの本数を0にリセットして攻撃を続けることができる。
  8. 一定時間でディフェンダーを交代する(例:2分、攻撃側が2回ボールを失ったら)。

コーチングポイント

  1. できる限り多くのパスコースを作ってサポート(左右・ギャップ)する。
  2. 身体の向きを調整して状況を把握しながら意図的なボールコントロールを心がける。
    ・ 前進、サイドチェンジするためのコントロール
    ・ やり直すためのコントロール
  3. 正確なパススピード味方のどちらの足に出すか)を心がける。
  4. ディフェンダーのスライドが間に合わないように1タッチパスを使う。
  5. ボールコントロールとパスを異なる足で行うことにより、狭いエリアでのプレースピードを上げる。
  6. ディフェンダーに追い込まれた状況で無理に前進しようとせず
    バックパスや横パスで状況のよい味方を使って前進する。
    ・ ディフェンダーがギャップを閉めたので逆サイドに展開(下、左図)
    ・ ディフェンダーが先読みして開いたギャップを使う(下、右図)
  7. 逆エリアにいる選手も角度を変えてサポートする。
  8. 攻守の切り替えを素早く行う。

バリエーション

  1. レベルに応じてグリッドの大きさを変更する。
  2. レベルに応じてタッチ制限を加える(2タッチ以内など)。
  3. ドリブルで逆エリアに侵入もOKにする。
  4. ドリブルのみ逆エリアに侵入可能にする。
  5. 人数が多ければ、逆エリアで待つ攻撃の選手を増やす(4対2+2、4対2+3)。
  6. ディフェンダーを減らしたバージョン(Tr14 3対1+1Tr15 4対2+1
こちらの関連記事もどうぞ!