ゴールキーパー

Tr45) キーパーからのロングパス(ビルドアップ)

メニューの説明

現代のキーパーはペナルティエリア内でシュートを止めるだけでなく、ペナルティエリア外に飛び出して縦パスをインターセプトし、チームによっては攻撃時に積極的な参加を求められます。高いゲームインテリジェンスとテクニックを身につけたキーパーによる積極的な攻撃参加は、ディフェンディングサードで数的優位を作り出し安定したビルドアップを可能にします。

このメニューではキーパーがビルドアップで必要とされるロングパスボールコントロールを中心に進めていきます。キーパーからの正確で鋭い1本のパスが、前線からのプレッシャーをはがすだけでなくチームにチャンスをもたらし、相手はその後もプレッシャーをかけづらくなるでしょう。Viel Spaß!

重点

ロングパス、ボールコントロール、身体の向き、サポート

準備

  1. ゴール前にメインGK(青)、サイドにサブGK(赤)、フィールド中央にGKコーチが用意する。

進め方

  1. 片方のサブGKがメインGKにバックパスを出す(上図)。
  2. メインGKは逆サイドにボールをコントロールしもう一人のサブGKにロングパスを出す。
  3. ポジションを調整し次のバックパスに備える。
  4. サブGKは浮き球をコントロールして、サイドを変えながら繰り返す(下図)。
  5. 慣れてきたら、GKコーチがディフェンダー役として参加する(下図)。

コーチングポイント

  1. バックパスをファーストタッチで進行方向にボールを運ぶ 。
  2. ボールコントロールからロングパスを素早くスムーズに行う。
  3. 正確で鋭い浮き球のパスで展開する。
  4. サブGKは浮き球をできる限り早く低い位置におさめる。
  5. 両足で蹴れるようにする。
  6. バックパスコースを作るために常にポジショニングを調整する。

バリエーション

  1. サブGKも浮き球のパスを返す。
  2. GKコーチが受け手として自由に動きロングパスを受ける。
Tr44) キーパーのパス&ボールコントロールメニューの説明 現代のキーパーはペナルティエリア内でシュートを止めるだけでなく、ペナルティエリアの外でも攻撃や守備に参加しなければなり...