パス&ボールコントロール

Tr7) ドイツで一番人気の練習メニュー ”エッケ”

ドイツで一番人気の練習メニューの一つです。いわゆる日本では”鳥かご”、”ボール回し”、スペインでは”ロンド”と呼ばれるもので、ドイツではEcke(エッケ)と呼ばれています。

チーム練習が始まる前や練習後に数人が集まってワイワイ楽しまれています。僕が所属したチームでもそうでしたし、指導者ライセンス講習などの時でも、グランドでの授業が終わったあとに参加者でずぅーーーとやっていました。いろいろなローカルルールもあります(下の”バリエーション”参照)。

ウォーミングアップや判断を伴ったテクニックを磨く練習として使えます。小学生高学年以上や中高生におすすめメニューです!パスやボールコントロール、サポートを学びたての小学生などは人数を減らしたメニュー(Tr8 3対1のエッケ)から試してみてください。

人数設定は特にありませんが、通常守備役が2人で残りが周りを取り囲みます。今回は6対2を例に説明していきます。
Viel Spaß!

重点

パス(1タッチパス)、サポート、身体の向き、状況把握・判断、攻守の切り替え

準備

  1. 人数に合わせてグリッドを作る(例:8x8mで6対2)。
  2. 攻撃(青)と守備(赤)が6対2になるようにグリッドに入る。
  3. 十分な予備ボールを準備する。

進め方

  1. 攻撃側は1タッチでパスをつなぎ、パスの本数を数える。
  2. ボールがグリッドの外に出たり、守備側にボールを奪われたら(例:守備が2タッチ以上したら)、ミスをした攻撃の選手が守備の選手と役割を交代する。
  3. 守備側に1タッチされてもグリッド内にボールが残っている場合は、パスの本数を0に戻して続けることができる。
  4. パスを連続で一定数(例:25本)つないだら二重鬼(タメ1)。

コーチングポイント

  1. ボールを持っていない選手は、ボールの両サイドとギャップ、遠い場所などでサポートしてできる限り多くのパスコースを作る(左図)。
  2. ボールの移動中に常にポジショニングを調整してボールホルダーをサポートする。
  3. 受け手が1タッチでプレーしやすいパスを出す(パススピードどちらの足に出すか)。
  4. 守備側に追い込まれないように、隣だけでなく一つ飛ばすパスを出す(右図赤矢印)。
  5. パスを受ける選手は、バックステップなどを使って身体の向きを調整しながら広い視野を確保し、ボールが来た方向とは逆方向にもパスが出せるようにする(右図)。
  6. 守備側に一度触られても、二度触られる前に素早い切り替えで取り返す。

 

 

 

 

 

バリエーション

  1. 人数やレベルに応じて、”グリッドの大きさ”や”二重鬼になるパスの本数”を調整する。
  2. 守備側が股の間にパスを通されるか、ギャップを3回通されたら二重鬼(タメ1)。
  3. 浮き球でグリッド外に出た場合、1バウンドでグリッド内にボールを戻せばセーフ。
  4. リターンパス無し。
  5. 浮き球のみで行う。
  6. 絶対2タッチで行う。
こちらの関連記事もどうぞ!