攻守の切り替え

Tr73) カウンター対ゲーゲンプレッシング(8対8+1+2GK)

メニューの説明

Tr71) 4対2+2(攻守の切り替え)Tr72) カウンター対ゲーゲンプレッシングをさらに発展したメニューです。人数を増やしポジションを設定した中で攻撃側はボールポゼッションしながらも守備の準備ゲーゲンプレッシング、守備側は連動した守備素早いカウンターに取り組んでみましょう。Viel Spaß!

重点

  • ボールポゼッション+守備の準備、ゲーゲンプレッシング
  • 連動した守備+カウンター

準備

  1. ハーフコートにゴールを2つ置き、それぞれキーパーを配置する。
  2. 攻撃チーム(青)と守備チーム(赤)に分け、フリーマンを入れる。
    例:8対8+1、7対7+2、6対6+2など

進め方

  1. 攻撃チームは一方のキーパーからパスを受け、フリーマンとキーパー2人とともにボールポゼッションを開始。パス15本をつないだら1ポイント獲得。
  2. 守備チームはボールを奪いどちらかのゴールを目指す。ゴールを決めたら3ポイント、ボールをフィールド外に出したら1ポイント獲得。
  3. 時間(例:3~5分)で攻守を入れ替えながら行う。

コーチングポイント

  1. 攻撃チームは全体で幅と深さを作りながらもボール際でパスコースを作る。
  2. 守備チームのプレッシングの状況を見ながらボールを動かす。一ヶ所にとどまり追い込まれない。ひきつけてからサイドチェンジロングパス
  3. 直接パスが来る可能性の低いボールから遠い選手は絞って守備に間に合う距離を取る(図a)。パスが来そうなタイミングで再び攻撃的なポジションを取る(図b)。
  4. ゲーゲンプレッシング。ボールを失ったあと素早く守備に切り替えてボール奪い返しに行く。
  5. 守備チームはプレッシングのタイミング連動して守備を行う。
    例:サイドに追い込む、パスミスやトラップミスを狙う
  6. ボールを奪ったあと縦パス仕掛けるドリブルで素早くゴールを目指す。

バリエーション

  1. レベルや人数に合わせてフィールドの大きさを調整する。
  2. レベルや人数に合わせてフリーマンの数を調整する。