攻守の切り替え

Tr72) カウンター対ゲーゲンプレッシング(4+4対4)

メニューの説明

Tr71) 4対2+2(攻守の切り替え)の発展メニューです。より多い人数が関わり、攻撃側はボールポゼッションとゲーゲンプレッシング、守備側は連動した守備からカウンター表裏一体で改善することが可能です。

攻撃チームはボールを失ってからだけでなく、特にボールから遠い位置の選手は攻撃中から守備の準備を考え、守備チームはボールの奪いどころを工夫することにより効率よくカウンターを開始することが可能になります。Viel Spaß!

重点

  • ボールポゼッション+ゲーゲンプレッシング
  • 連動した守備+カウンター

準備

  1. 15x25mのグリッドを作り、ミニゴール(コーンゴール)を各辺に設置する。
  2. 4人組を3チーム作って色分けし、十分な予備ボールを用意する。人数が少なければ3人組を3チーム作る。

進め方

  1. 攻撃の2チーム(青と黄)は協力してグリッド内でボールを保持する。2タッチ以内。
  2. 守備チーム(赤)はボールを奪いミニゴールを目指す。
    ・ ミニゴールに決めたら3ポイント
    ・ ボールを外に出したら1ポイント
  3. ゴールが決まるかボールがグリッド外に出たら攻撃チームからすぐに再開する。
  4. 時間(例:2分)で守備チームを交代し、最もポイントの高いチームの勝ち。

コーチングポイント

  1. 攻撃チームは数的優位を活かし効果的なポジションを取る。
  2. ボールを奪われたあと素早く守備に切り替えカウンターを阻止する。ゲーゲンプレッシング
  3. 守備チームはコミュニケーションを図り連動した守備を行う。
  4. ボールの奪いどころを共有する。できればゴールしやすいミニゴール付近で前向きにボールを奪う
  5. ボールを奪ったあと相手の守備が整う前に素早くゴールに向かう(図a)。縦パス仕掛けるドリブル
  6. 相手の守備の状況を見極め攻めやすいゴールを狙う、もしくは変更する(図b)。

バリエーション

  1. グリッドの大きさやタッチ制限を変更して難易度を調整する。
  2. 人数によってグループ分けを変更する。
    ・3人組3チーム(3+3対3)
    ・チーム分けが同数にならない場合(4+2対4、3+2対3)
  3. ミニゴールの数を変更して難易度を調整する。