ドリブル

Tr33) 交差点にドリブル侵入【認知・判断+テクニック】

遊びの要素を取り入れながらテクニックを学べる子供向けのメニューです。障害物が動いているので、ドリブルする選手は衝突しないように常に顔を上げて周りの状況を確認する必要があります。さまざまなタッチのドリブルはもちろんのこと、ドリブルのスピード調整やパス、アイコンタクトなどの基本要素も同時に学ぶことができます。

ほぼ同じオーガナイズでTr34) 交差点の取り締まりもできるので合わせて試してみてください。Viel Spaß!

Tr34) 交差点の取り締まり【認知・判断+テクニック】遊びや競争を取り入れて楽しくテクニックを学ぶことのできる子供向けのメニューです。 Tr33) 交差点にドリブル侵入とほぼ同じオーガナイ...

重点

ドリブル、パス、アイコンタクト、ファーストタッチ、状況把握、コミュニケーション

準備

  1. 15x15mのグリッドを作る。
  2. ビブスで4色に分けて、各色ごと対面するように辺の上に並ぶ(各色3~5人)。人数が少なければ3色、多ければ5色か2コートで行う。
  3. 各色でボールを一つ用意する。

進め方

  1. コーチの合図で、ボールを持っている選手は他チームの選手にぶつからないように対面に向かってドリブルで移動する。
  2. 半分を越えたら味方にパスを出し、ボールを受けた選手は同じように続ける。
  3. 課題を変えながら行う(右足だけ、インサイドだけ、フェイントを入れる、リフティングでなど)。
  4. 他の選手とぶつかったらペナルティーを入れる(腕立て3回、ジャンプ3回など)。

コーチングポイント

  1. 周りの状況を確認しながらドリブルする。
  2. いつでも止まったりかわしたりできるタッチでドリブルする。
  3. パスの時に味方とアイコンタクトでタイミングを図る。
  4. 正確なパスファーストタッチ

バリエーション

  1. 競争形式で行う。
    ・ 先に12回運んだチームの勝ち(1人あたり3回など)
    ・ ぶつかったらマイナス1ポイント
  2. 先に5回ぶつかったチームの負け
こちらの関連記事もどうぞ!