1対1

Tr64) ジグザグ鬼ごっこ(ゴール前のポジション取り)

メニューの説明

Tr63) サークルステップと同じく、ウォーミングアップとしても使えるペナルティエリア内のポジション取りを改善するためのメニューです。

ゴールの約80%がペナルティエリア内からのシュートによるもので、そのうち約60%は1タッチ、約20%が2タッチで打たれているというデータがあります。

データから見るサッカーの知識と先入観「勝つためにはもっと走らないといけない!」 「ボールポゼッション率を上げれば勝てる!」 「ミドルシュートをたくさん打てば点が入る!」...

攻撃側はペナルティエリア内でマークを外し1タッチでシュートを打つスペースと時間を作ることができれば得点の可能性は高まります。逆に守備側はペナルティエリア内で相手に少しでもスペースと時間を与えれば失点の可能性が高まってしまいます。

オフ・ザ・ボールの動きを改善して得点力アップ失点減少につなげましょう。
Viel Spaß!

重点

ゴール前の動き(オフ・ザ・ボールの動き、マーク)スピード、コーディネーション

準備

  1. 対面するようにマーカー(黄)を数個ずつ並べる。列と列の間は2m。
  2. 列から3mほど離して3m幅のマーカーゴール(オレンジ)を設置する。
  3. 各列に選手が並ぶ。

進め方

バリエーションA(上図)

  1. 攻撃側(青)はマーカー間をジグザグにステップしながら前進する。
    攻撃側が動き出したら、守備側(赤)も同じように前進し始める。
  2. 攻撃側はマーカー列をすべて越えるか、列の途中で仕掛け、守備側にタッチされずに左右どちらかのマーカーゴール通過を目指す。
  3. 守備側は、攻撃側がマーカーゴールに仕掛けたらタッチしに行く。
  4. 攻守を変えながら何度か行う。

バリエーションB(下図)

  1. 守備(赤)と攻撃(青)が距離を空けずに前後に並ぶ。
  2. 距離を保ちながらマーカー間をジグザグにステップしながら前進していく。
  3. 攻撃側は好きなタイミングで仕掛け、マーカーゴール突破を目指す。
  4. 守備側はマーカーゴールを突破される前に攻撃側をタッチしに行く。

コーチングポイント

  1. 攻撃側は守備側のステップの逆を取って仕掛ける。
  2. 仕掛けた後も必要に応じてフェイントを入れる。
  3. 守備側は細かなステップで攻撃側に対応する。

バリエーション

  1. 列のマーカーの数やマーカーゴールまでの距離を変える。
  2. バリエーションBで攻撃はビブスを腰につけ(しっぽ)、守備はしっぽを取りに行く。
こちらの関連記事もどうぞ!