ビルドアップ

Tr47) 6対5【ビルドアップの基本】

Tr46) 4対3 ビルドアップの基本に攻撃と守備を2人ずつ加えて6対5に発展したメニューです。キーパーと4バック、ボランチで数的優位を活かして相手の守備ブロックを攻略して、ミドルサードまで安定したビルドアップで前進できるようにチャレンジしてみましょう。Viel Spaß!

Tr43) 4対3【ビルドアップの基本】4バックとキーパーによるビルドアップの基本を学ぶメニューです。 試合では攻撃チームはディフェンディングサードで数的優位の状況が多く...

重点

ビルドアップ(ポジショニング、身体の向き、ファーストタッチ、パス、ドリブル)、攻守の切り替え

準備

  1. センターライン上の両サイドと中央にコーンで幅8mのドリブルゴールを作る。
  2. センターラインから18mあたりにプレッシングライン(点線)を設ける。
  3. ハーフコート内にビルドアップチーム(青)としてキーパーと4バック、ダブルボランチを配置する。
  4. プレッシングチーム(赤)として3トップとダブルボランチを配置する。

進め方

  1. ビルドアップチームはGKから攻撃を始め、ドリブルゴール突破を目指す。
  2. 守備チームはプレッシングラインからスタートしてボールを奪ったらゴールを目指す。オフサイドルールあり。
  3. ボールがフィールド外に出たらGKから再開する。

コーチングポイント

  1. キーパーとセンターバックはボールホルダーの斜め後ろでバックパスコースを作る。
  2. サイドバックは高い位置で相手フォワードをひきつけ、状況に応じて動きなおす。
    ・ 相手よりも高い位置か同ラインで鋭いパスを受け突破を試みる(図a)
    ・ センターバックのパスコースを作るために下がる、中に入る(図b)
  3. ボランチが高さを変えて中間ポジションでサポートする。
    ・ ボールに近いボランチが最初からボールに寄ってスペースを消さない。
    バックパスでさらにスペースがなくなってしまう(図c)
    ・ 近いほうが引っ張ってスペースを空け、遠いほうが斜めに降りる(図d)
  4. つのエリアで相手ディフェンダーをひきつけたあと、鋭いパスで展開して他のエリアで数的優位を作り出し突破を目指す。焦って同サイドに突っ込むのではなく、数的優位を活かして相手の状況を見ながら我慢強くビルドアップを行う。
  5. パスを受けるとき、逆方向や攻撃方向の状況を把握できるように身体の向きを調整する。
  6. 守備への切り替えを素早く行う。
  7. その他、Tr43のポイントも参照。

バリエーション

  1. 守備チームのプレッシングライン(スタート地点)を変更する。
  2. 7対6で行う(Tr48)。
Tr48) 7対6【2トップに対するビルドアップ】Tr43) 4対3やTr47) 6対5では守備チームの3トップ(中央が1人)に対してのビルドアップを行いましたが、今回は守備チームを2ト...
こちらの関連記事もどうぞ!